種類 アミノ酸シャンプー

市販のアミノ酸シャンプーの選び方について

低刺激で肌にやさしいシャンプーとして人気なのがアミノ酸シャンプーです。
最近は、肌のトラブルを抱える方も多く、アミノ酸シャンプーを選ぶ人が非常に増えています。

 

選び方を間違えると肌トラブルの原因に!

ドラッグストアやスーパーなどに行き市販品を購入しようと思っても、あまりにも種類が沢山あるためにどれを選んだら良いのか迷う方も多いはずです。
中にはどれを選んだとしても、問題はないと考える人もいます。しかし本当にどれを選択したとしても、全く問題はないのでしょうか。
実はそうでもありません。よく選ばなければ、せっかくの良いところの恩恵を受けることができません。
それどころか、かえって肌のトラブルが悪化するということもあります。
ですから、敏感肌の方やアトピーに悩まされる方などは注意が必要です。

 

どのようにして選ぶと良いのか?

それを知るためには、このシャンプーの種類に迫る必要があります
アミノ酸シャンプーには低刺激のものもあれば、刺激の強いものもあります。
そのように聞くと驚く方もいることでしょう。実は、アミノ酸シャンプーといっても、全てのシャンプーの成分が同じということではありません。

 

このシャンプーは大きく分けて二つに分類することができます。
一つはアミノ酸配合シャンプーで、もう一つはアミノ酸シャンプーです。

 

アミノ酸配合シャンプーについて

この配合という言葉が肝になります。
アミノ酸配合シャンプーというのは、アミノ酸系の界面活性剤を主成分としてるわけではありません。
これは高級アルコール系の界面活性剤を主成分としています。
多くの方が使っているシャンプーは高級アルコール系のシャンプーです。
それと同じような成分が配合されているということです。
高級アルコール系界面活性剤は、浄力が非常に強く、肌への刺激も強いものです。
そのためアミノ酸配合シャンプーを使うならば肌の弱い方はダメージを受けることがあります。
ですから、アミノ酸シャンプーの本来の低刺激の恩恵を受けるためにはアミノ酸系の界面活性剤を主な成分として使っているシャンプーを使用する必要があります

 

どのシャンプーがアミノ酸配合シャンプーになるのか?

もし表示を見て、頭の方に「ココイルグルタミン酸」「ココイルアラニン」という文字を見かけるならば、それはアミノ酸シャンプーになります。
これを目安にして市販品を購入することができます。
本来のアミノ酸シャンプーのメリットを十分に生かし、頭皮や髪を良い状態に保ちたいものです。

アミノ酸シャンプー口コミから分かること!

洗浄力の強いものはどうして駄目なの?

界面活性剤などの洗浄力の強いものはとても刺激があります。
多くのシャンプーには石油由来の成分が使用されていたり、アルコールなどが配合されているため頭皮に負担を与えてしまうことがあります。
頭皮の皮脂は適度な潤いを与えるためにある程度必要だとされていますので、洗浄力の強いシャンプーで皮脂を取り過ぎてしまうとトラブルを引き起こしてしまうケースがあります。
どのようなトラブルが引き起こされるかというと、皮膚を保護してくれる皮脂がないことによって紫外線などによる頭皮ダメージや、赤く腫れてしまったり乾燥肌などが挙げられます。

 

肌に優しいのがアミノ酸シャンプー!

口コミなどでも話題になっているアミノ酸シャンプーは、洗浄成分としてアミノ酸系の低刺激な成分が使用されています。
頭皮にもやさしく余分な皮脂だけを落としてくれるというメリットがあるため、口コミでもアミノ酸シャンプーは肌が敏感な方や刺激に弱いという方などにおすすめされています。
アミノ酸シャンプーに使用されているアミノ酸は、私達の肌や髪の毛などを構成しているたんぱく質と同じアミノ酸から作られているとされています。
無香料、無着色などの商品を選ぶことで赤ちゃんでも安心して使用することができると評判になっています。
頭皮の痒みやフケ、乾燥などでお悩みがあるという方は、必要な皮脂まで奪ってしまうことのないアミノ酸系のシャンプーを利用されてみてください。

 

髪の毛のきしみが気にならない!

皮膚の弱い方やアトピー性皮膚炎などの方の中には、石鹸シャンプーを利用されていらっしゃるケースがありますが、髪の毛がぎしぎしときしむというデメリットがあります。
アミノ酸シャンプーでは、このような髪の毛のきしみで悩むことがありませんので、ぜひお試しになってみてはいかがでしょうか。
どのようなシャンプーを選べばアミノ酸系のシャンプーなのか迷ってしまう方も多いと思いますが、使用されている方の口コミでも成分が紹介されています。
たとえば、ココイルグリシンナトリウム・ココイルグルタミン酸ナトリウム・ココイルアラニンナトリウム・ココイルメチルタウリンタウリンナトリウムなどのように、ココイルやグルタミン酸、タウリンなどと付いている成分はアミノ酸系の洗浄成分だとされています。

 

値段と頭皮のケア、どちらを選ぶ?

アルコールや石油系のシャンプーなどと比較してみると、価格面では、少し高くなってしまうことが多いですが、毎日使用するシャンプーは刺激や負担の少ない頭皮にやさしい商品を選ぶことがおすすめです。